PTSD 治療

PTSD 治療

PTSD(心的外傷後ストレス障害)の診断チェック。 ストレスやトラウマで症状が出たら病院の治療薬など対処法で改善しましょう。

トップ > PTSD 治療

PTSD 治療

PTSD 治療


PTSD 治療

PTSDと思われる症状がでたら、まずは自己診断。ちょっと疲れがたまってるだけかもしれませんが、チェックで当てはまるようなら早めに専門医に相談しておきましょう。

「持続エクスポージャー療法」などが有名ですが、重篤な症状がでてからでは治療薬などの対処が必要になります。 でも初期症状ならばちょっとしたリラックス方法や、ストレス対処によって回避することができるかもしれません。

風邪薬で風邪が治らないように、抗がん剤でガンになるように、薬物療法に浸かる前に賢く予防するのがポイントです。

PTSD 症状


厚労省が把握できている症状として、「突然、つらい記憶がよみがえる」、「常に神経が張りつめている」、「記憶を呼び起こす状況や場面を避ける」、「感覚が麻痺する」、「いつまでも症状が続く」というのが大きな分類です。

なかなか抽象的ですが、これはトラウマ的な経験が個人の経験によるものなのでしかたありません。 まだ事故や事件を思い出してしまうならば、思い出していることを把握できるでしょう。でも、神経が張りつめているなどは自分の身体感覚を把握していないと気づかずに心のストレスになってしまいそうです。

PTSD 診断



「死を感じるほどの危険や重傷を体験したり、目撃した経験」、「強い恐怖や無力感、戦慄などのネガティブ反応」を中心として、ある出来事に関係することを避けたり記憶がなかったりするのが主な症状です。

本人は自覚できなくても、実際にある種の事故に巻き込まれたりした場合は診断を受けておいた方がよいでしょう。 顕在意識では気づかないような身体ストレスが出ているのかもしれません。

うつと同じように正しい対処で改善するものですから、早めに信用できる専門家の診断を受けましょう。 会社などではうつの人の雇用を避ける傾向が強まっていますので、とにかく予防が最善手です。
















PTSD 治療に関するブログやなど、当、PTSD 治療ではピックアップで紹介するサイトのエントリーを楽しみにしています。

エントリーするにはまず当サイト「PTSD 治療」へリンクをして審査の応募をするだけです。審査基準はページランク 0 以上、発リンク数 150 以内のサイトです。 こちらの新規登録フォーム←にて登録すると審査へノミネート終了です。

PTSD 治療紹介サイトランキング

1.上にはページランクの高いサイトが紹介されます
2.同ページランクの場合は、発リンク数が少ないホームページがが上です ( 先着順 )
3.ただし、発リンク数が上位ランクサイトの6分の1未満のときは順位が上になります
なお、このサイト集では全てのページの発リンク数を100以内に設定しています。

PageRankと発リンク数チェックツール

 

登録ホームページのDATA更新とサーチ

 

NEW! ピックアップ

SITE名称 P R link
1ゴルフ場 5
2 
3 
45 
5へんしんバイク 5

広告主募集中

PTSD 治療 トップへ戻る

Copyright 2014 © トップ All Rights Reserved.